目の不快な症状には市販の点眼薬を

目の疲れや痛み、充血などの不快な症状には、漢方薬とともに点眼薬を併用すると効果的です。 点眼薬は中高年のかすみ目にはビタミンA、B6、Eなどを配合したものなど、症状に合わせて選ぶことが大切です。 ただし、眼圧が高くて目が・・・

初期の軽い風邪には市販の風邪薬や葛根湯、小青竜湯を

総合感冒薬は、のど、鼻、咳などの症状を軽くする対症薬で、根本から風邪を治すわけではありません。 症状がつらく、体力がある場合は、短期間だけ市販の風邪薬で症状を抑え、その後は漢方薬で、弱っている自己治癒力を高めましょう。 ・・・

ガマンできない痛みには鎮痛剤を

一時的に痛みを取り除くには鎮痛剤が効果的です。市販の鎮痛剤はいろいろありますが、これらの薬は頭痛だけでなく、ひどい肩こりにも有効です。 ただし、鎮痛剤の使用はできれば1~2日にとどめ、痛みが緩和したら漢方薬に切り替えてく・・・

薬だけでなく、自分の生活を見直すことが大切

未病不調は、薬を飲むだけでは治すことができません。気血水のバランスを崩す食生活やライフスタイルを改善することがとても服要です。まず、自分の体質の特性を知り、不調を起こしやすい生活を見直してください。 そして、漢方薬で気血・・・

西洋薬は短期間、つらいときだけに

市販の西洋薬の使用は、症状の重いときだけにとどめ、症状が軽くなったらすぐに漢方薬に切り替えます。 作用の強い西洋薬を長く使うと、自分で治そうとする本来の自己治癒力が弱くなり、漢方薬の効果が得にくくなってしまうからです。 ・・・

陰陽のバランスを調節してからだのひずみを治す

未病不調はもともとの体質に食生活やライフスタイルが影響し、気血水のバランスが崩れて起こります。たとえば、体力のある木タイプの人が、ストレスの多い生活を送ると、肝の働きが乱れて気が過剰となり、体内に熱が発生してのぼせやイラ・・・

年に一度は成人病検診半年に1回は婦人科検診を

卵胞ホルモン(エストロゲン)には、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪が増えるのを防ぐ働きがあるので、性成熟期の女性のからかは病気から守られています。しかし、更年期を迎えると卵胞ホルモンが減少するため、動脈硬化、高脂血症な・・・



(スポンサードリンク)


このページの先頭へ